パインウッドカーレースに興じるオトナたちの日常


by pinewoodcar

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ギャラリー
いんたびゅう
レポート
いろいろ
パインウッドカーって?
未分類

最新の記事

T氏新作!
at 2011-06-13 15:52
レースの模様 だいじぇすと版
at 2011-04-24 01:17
第2回Pinewoodcar..
at 2011-04-24 00:36
明日はパインウッドカー製作教..
at 2011-04-09 23:53
クリスマス・グランプリ動画!
at 2011-02-25 14:10

以前の記事

2011年 06月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月

カテゴリ:いんたびゅう( 4 )

初代MIC(Most Impression Car)

a0189599_1542762.jpg
これが、栄えある初代のMIC、その名もシャーク君 HARADA氏製作。

HARADA氏は、鹿児島在住のヴァイオリン製作者の方で、今回車のみが鹿児島からやってきたのですが、「見た目重視、職人魂みせちゃる」と言っていたのが突然「見た目より速さ重視!」と言いだして数日後、飛行機に乗って(たぶん)シャーク君はやってきました。
シャーク君のレースの結果については、もすこししたら、サイトの会員ページからご覧頂けるようになりますが、ここではそれには触れません。
製作者HARADA氏に、製作についてのポイント、作ってて苦労したことなどを尋ねたら、こんな返事が返ってきました。

「最初は弦楽器製作者らしく楽器ネタで作るつもりでしたがどこかのドシロートの車がやたら速いという事実を知りスピード重視のデザインは~と考えましたらサメの流線型になったというわけです。
スタートが坂を下るという状況から車体の重心は前輪寄りの方がいいだろうと思いました。(正しいかどうかは分かりません)
そして頭部の容積が大きいのでここに重りを入れれば外見もスッキリとさせる事ができるだろうと考えました。
重りの重量は計測誤差も考慮して若干軽くしました。

技術的に苦労したという事はないのですがとにかく材木の樹脂分が多くヤスリをかけるのに手間取りました。
ヤスリ目につまった木屑が簡単には取れないのです。

やはりこういう事が大好きなので作業中はズーッっと幸せでした。」



・・・どこかのドシロートって、誰のことだろ?
まぁ、仮想敵がいるというのは、精進できますからいいですよね?
次回作、期待していますー。
[PR]
by pinewoodcar | 2011-02-09 16:04 | いんたびゅう

初代3位

a0189599_21402480.jpg
初代3位に輝いたのは、この車。
スパイダー号(命名 FUKUMURO氏) HIRATA氏製作。

クリスマス特別企画で、車をお持ちでない方にも貸し出ししますということで、参加なさったFUKUMURO氏、この車を選んで見事3位入賞でした。
なので製作者HIRATA氏に、いんたびゅう。

「これはね、さいしょっから速いと思ってたの。」
と、HIRATA氏。なぜに?と訊いたら、「なんとなく。」・・・・えー、思った根拠を教えてよー。

もともと、パインウッドカーを作ったことのない人に、お手軽に車製作に手を出してもらおうと、キットにあらかじめおおざっぱなカットを施したプレカットキットというのがあるのですが、それを使って実際にどんな車ができるのか、と試作してみたものなのだそうです。
「スポーツカーっぽくね、作ってみた。」
確かに。私最初に見た時、グ○コのアーモンドチョコレートみたいだ、って思ったことは内緒。この、お尻がくりっと上がった形をダックテールというんだそうですね。可愛い。
「それとね、これは塗装のテストもしてみてるんだよ。このほそーいラインを、どこまで細く引けるかという実験。」
なるほど。確かに見てみると 1ミリ幅ぐらいのすうううううっと伸びた白い美麗なラインが。
え、これ、テープじゃないんですか。
「これはねぇ、塗装したんだよ。 まずここをね、こうやって、・・・・○×☆§Θ・・・」
続きは、秘儀となりますので、サイトの会員ページで秘儀公開・・・・☆☆☆
[PR]
by pinewoodcar | 2011-01-20 22:21 | いんたびゅう

初代2位

a0189599_1242144.jpg

2010クリスマス・グランプリ 第2位の栄冠に輝いたのは、この車。
落合1号 TEZUKA氏製作。

このTEZUKA氏、協会の会員の中で最も沢山車をこしらえている人ではないかと思われ、この方の作品だけで、写真集が既に作れそうな勢いなのですが、毎回すんごい力作なのに、仮レースしてみると「遅い」という、何故だか残念な結果になる車ばかりでした。
ところが。今回いきなり2位に躍り出たのであります。
「やっと!!!! この、永年の苦悩がっ!!!」(・・・って、まだ始めて1年も経ってないんですけど)
と、満面にヨロコビを湛えた顔で仰ってましたが、実は最終レースの結果には、疑念を持っておいでのようで、最後の最後まで「写真判定をしろー!」って主張なさってました。(写真とビデオ判定しましたけど、2位でした、やっぱり。)
「やっぱさー、最初の頃に作ったヤツの方がさー、邪念がなくっていいのかもなー!」
とにこにこ顔でしたが、確かにこの車、初期の作品で2作か3作目だったような気が。

実はTEZUKA氏、グランプリに出場させる予定だったのは、別の新車だったんです。
出来たてホヤホヤの。
ところが、なんとほんの少しサイズが長くて車検に通らず、新車での参戦が叶わなかったため、急きょこの車を出場させたのでした。
ホヤホヤの新車は、塗料の厚みが想定外に嵩張ったものと思われます。

1位、2位ともに、出走予定ではなく、チューンナップも万全ではなかったはずな車というのが、興味深いところです。
a0189599_1242448.jpg


More:TEZUKA氏が出したかった車は
[PR]
by pinewoodcar | 2011-01-14 19:40 | いんたびゅう

初代王者

a0189599_19101363.jpg

昨年、クリスマスの日に、初の公式レースを開催しました。
で、この車が初代王者。銘はラビット1号。

副会長のMORIYA氏製作。
どのような意図のもと、製作したのかと尋ねてみたところ、「なーんとなく削ってたらこのカタチに」なったんだそうで。
このラビット1号、MORIYA氏が初めて製作したパインウッドカーです。
今にして思えば、まだまだ未完成で、稚拙なんだけど、出走させようと思っていた別の車のコンディションが悪かったので、急きょ出走させることにしたら、立派に代役を果たしてくれました とのこと。
フォルムも、カラーリングも「なんとなくそうなった」のであり、速さを特に意識した作ではなかったそうです。
でも、堂々の優勝、トロフィーをかっさらって行きました。

まだまだ未完成、とかいいつつ、「いいかたちだなー、ほれぼれする」だって。

More トロフィーは、こんなの。
[PR]
by pinewoodcar | 2011-01-10 22:10 | いんたびゅう

パインウッドカーって?

ここ見てね!
    ↓
パインウッドカー
で遊ぼう!

ブログパーツ

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧